寄与型クラウドファンディングについて
2017.03.10

女性ソーシャルレンディングのサービス比較をするのならば、寄与型クラウドファンディングについても把握しておくとよいでしょう。寄与型クラウドファンディングというのは、今話題になっているソーシャルレンディングなどとは少し価値観の違うものとなっております。なぜならば、基本的にクラウドファンディングといえば利益を求めて行うものになりますが、寄与型の場合は実質的なリターンを求めずに相手に投資することになるからです。そのような意味では、人や事業の将来性、心意気など投資をすることになり、最も健全な投資に近いタイプなのかもしれません。寄与型クラウドファンディングのメリットについて考えてみると、まずは自己満足を得られるというのが大きいでしょう。

自己満足の種類にも色々あって、将来有望な事業にノンリターンでお金を投資するのもひとつのかたちで、その結果将来的にたくさんの人達を救ったり、膨大な雇用を生み出すこともあるでしょう。その際に得られるのが名誉であって、国を救った偉人として後世に名を残すこともありえないとは言い切れません。また、どうしてもこの人に成功してほしい、その人の人間性や人格にほれてしまった場合にもこの寄与型クラウドファンディングを活用することができます。ほれているからこそ一切見返りを求めず、捨てた気持ちでお金を差し出すことができ、もしかするとその人が大きな成功をつかみとって、投資者に予期しない何らかのメリットを提供してくれるかもしれません。

このようにお金を得るためではないクラウドファンディングこそ寄与型になりますので、簡単にいえば寄付と同じです。一体どのような人達が寄与型を利用してお金を集めるのかといいますと、代表的なものにNPOがあります。社会貢献のためだけの活動とはいえ、その活動の多くにはお金が必要になってきます。その際に資金集めとしてNPOが募集することもあって、このようなNPOに資金提供をすると、まさに名誉の寄付となるのではないでしょうか。実際に大規模災害時にNPOが資金集めのためにクラウドファンディングを利用したケースもあって、かなり大きな資金を集めて、災害復興に大きく貢献することもあるのです。あくまでも投資という見方ではメリットが見えてきませんが、社会貢献という角度からスポットライトをあてると寄与型クラウドファンディングの魅力もわかるでしょう。ソーシャルレンディングのサービス比較の参考として覚えておくとよいです。

▲ ページトップへ