クラウドファンディングの種類
2017.03.10

カードとスマホソーシャルレンディングは、クラウドファンディングのひとつです。この2つはとても近い位置にあるものなので、ソーシャルレンディングの比較をするなら、予備知識としてクラウドファンディングの種類についても把握しておくとよいでしょう。クラウドファンディングの種類は、大きくわけると2にわかれることがわかります。それは、非投資型と投資型の2タイプで、そこからさらに枝分かれするようになっているのです。非投資型というのは文字通り、お金の見返りを求めないものになっていて、投資家が社会貢献や名誉を得たい、または投資対象にどうしても成功してほしいので寄付したいといった場合に分類されるものです。これは、クラウドファンディングという媒体を利用しているものの、ほとんど寄付といっても良い行為といえるでしょう。

続いて投資型なのですが、これは明確なリターンを求めて行うものになっていて、3種類のタイプにわかれるようになっております。ファンド型、貸付型、株式型にわかれるのですが、ファンド型というのは、なんらかの事業を対象に投資するものになっていて、ファンド型のリターンは、その事業の成功報酬から分配されることもありますし、お金と一緒に事業によって生み出された商品がリターンの対象になることもあります。貸付型というのは、お金が必要な人にお金を課して、その分の金利をリターンとして受け取るものになっております。最後に株式型ですが、これは株式投資と同じで、企業の株に投資してリターンを得るものです。

しかし、株式型の場合は未公開株を対象に一般的な株式市場に上場していないものを取り扱うので、リターンのかたちは通常の株式投資と同じように、株価の差によって得ることになります。このようなものが非投資型と投資型のクラウドファンディングの種類の詳細となっておりますので、これからソーシャルレンディングの比較をするのならば、覚えておくとよいでしょう。ちなみに、クラウドファンディングの投資型のひとつである貸付タイプは、ソーシャルレンディングともいって、市場規模も他のタイプに比べると大きい傾向があります。このような傾向からも、ソーシャルレディングはホットの投資法ということができるのではないでしょうか。それぞれの種類を把握して、上手く使い分けることができれば、賢い投資術になってくれるはずなので、まずは自分にはどれが一番似合っているのか考えてみるとよいです。

▲ ページトップへ